2016年10月3日月曜日

今日から12期目がスタートしました!

先日、ドアを開けて家を一歩でましたら、まだ少し暑さの残る日差しの中に肌寒いとまではいかないまでも冬の兆しを見せる空気の冷たさがありまして、この時期独特の心地よさを感じました。ここに金木犀の香りが漂うといよいよ季節は秋だな、なんて思うわけですが、これを単に「秋の装い」という表現でお伝えしなかったのは、冒頭の文字数を稼ぎたかったからです。文字数。


9月末で第11期目の決算を迎えまして、今日から第12期目がスタートしました。

秋の決算・新年度というのは、世の中的にバタバタしておらず落ち着いて迎えられるというメリットがある反面、新しい命が芽吹き育つ春とは違い、草木が枯れ冬の準備が始まる季節がゆえ、いまいち始まり感が無い、というデメリットもあります。

例年、売上の右肩あがりにはこだわってはいないのですが、仕事を効率化して決算を黒字にするということには結構こだわってまして、11期目もおかげさまで黒字決算となっています。受託開発の割合がまだ高いので毎年ゼロベースに近いところから数字を作っていかなければならず、特にこの時期は、今期はどうなることやら...と不安を感じますが、毎年ありがたいことにご縁とお仕事をいただきながらここまでやってこれています。ありがとうございます。

おひとりさま法人ということもありまして、僕自身と会社が重なっている部分も多く、1期終えるごとにひとつ年齢を重ねていくことを思うと「その年齢を活かせるように時間を重ねていくこと」は非常に大きな課題だなと感じています。

とはいえ、過ぎ去っていく時間には逆らえない部分も多く、去年のブログを読み返してみますと「10年を機に始めようと思っていることがある」という記載があったのですが、進捗率が0%どころか、それがなんだったのかさえ覚えていない始末です。

そんな親や上司などから感じてきた「年齢」というものを自身からも感じるようになってからというもの、特に自分の視線の向いている方向には気を付けていたいなと思うようになりました。

20歳であれば、就職、結婚、出産などこれから経験するであろうことに満ち溢れていて視線は常に「未来」なわけですが、おっさんというのは、そうした人生の華というものは概ね消費してしまっておりますし、これから先の話といわれても残された時間の短さに愕然とするくらいでして、つい視線を過去に向けてしまいがちですが、僕としては死ぬその瞬間まで視線を未来に向けていたいなと思うわけです。

まあ、そんなどうでもいいような、よくないようなことを、タワーズの51階からカクテルと名古屋の夜景をおつまみに考えているわけでして、つまり本決算もおかげさまで黒字決算となっています。


























今期もよろしくお願いいたします。




2016年7月26日火曜日

Scratch×モーターでみんなのドミノをつなげよう!三重県の子供向けプログラミングワークショップLittle Coder Mieの話

7月24日(日)に三重県総合文化センターで、Little Coder Mieを開催しました。

今回は、昨年7月に行った Scratch + Nanoboard と実際のドミノを使ってリアルとデジタルがピタゴラスイッチするというもの(去年の様子はこちら)をバージョンアップした内容です。





















去年の反省点として、ドミノとセンサーの接触が悪く調整が必要だった(スタッフ曰く、建設的でない調整)というのがありましたが、ここはあらかじめ(山下さんが夜な夜な)ハンダ付けした端子を用意することでクリア。これによって今回は、本来のドミノの動きなど建設的な調整に時間を使えていたと。

























それと去年は、モーターにストローをくっつけてドミノを倒していましたが、今年はクリップをモーターの軸に挟んで、モーターが動くとクリップに乗せたビー玉を転がす(石黒さんが夜な夜な考えた)仕組み。去年より動きが出て楽しい反面、調整は少し難しくなっていたと。
































あと、センサーボードというと必ず起こるPCがボードを認識しないトラブル。始める前はいつものことなんですが、今回はワークショップ中にも2人途中で認識しなくなるPCがあって、ひと汗かきました。






















そしてこちらが今回のゴールの仕掛け。去年僕がやらかしたこの重要なポイントを今年は女性スタッフの山下さんが、Scratchで風船を割るというアイデアにて実装。迫力満点のゴールに。















Scratch で出力をOnにしてニクロム線に熱を発生させて割る仕組みとのことです。ただこの風船が準備中から何度か暴発してまして、その爆発音が事故?ってくらいデカくて大人もビビる大音量笑




そして、この風船の上に MESH の Moveタグを配置して割れた振動で写真を撮るという仕組みを用意。これが僕の一番大きなお仕事です!風船が割れないように MESH をそっと乗せるお仕事。
































話は少しそれますが、Little Coder Mie では休憩時間や親御さんに読んでいただくためにプログラミングに関する書籍を持ち寄って展示しているのですが、今回 Osmo Codingというブロックを使ったプログラミング的な学習ができるものがありまして(公式サイト)、子供達の反応はどうだろうと展示してみたのですが、すごく楽しそうにやっていました。
























実際に触れるものがあって、しかもそれが画面が連動するっていうのは、子供たち大好きですね、こういうの。みんなでワイワイいいながらやっている姿をみて、そこが Osmo Coding のよさの一つだなと思いました。昔、ファミコン1台をみんなで囲んでワイワイやってたのを思い出しました。






さて、隣のお友達同士のドミノが繋がったところで、リハーサルを行ってうまくいかなかったところを調整、いよいよ本番です。

















その本番の様子が、こちら。といいたいところなんですが、いつもですね、僕のブログが公式ブログを先行してしまうのはいかがなものかと思っていまして、今回は動画については公式ブログをお楽しみに!ということにしたいと思います。

なお、Little Coder Mie の公式ブログは、こちらです。



なので、僕の方は、風船に乗せた MESH の Moveタグがどうだったかだけをお伝えしたいと思います。ドミノが倒れて風船が破られ、その振動に反応したMESHが撮影した画像がこちらです。





























説明をしますと、子供達は画面の右にたくさん集まっているのですが、まったくフレームに収まっておりません。もうちょっとカメラを右に向けないといけなかった。。去年自分の席から動かなかった子がまあまあいたことを意識してこの角度にしたんですが、今年はみんなゴールに集まってきてしまって。。すみません、こんな感じの写真しか撮れませんでした。。


終了後のアンケートをみると今回も満足度は高くてみんな楽しんでもらったみたいなのでよかったなと。ドミノ回はみんな大好きですね、プログラミングの要素は少ないのですが笑

次回は、11月かな?また公式サイトで告知しますので、チェックしてみてください。




2016年7月1日金曜日

「就活力・起業力アップに!いま知っておきたいIT技術トレンドと業界事情」 / 三重大学総合情報処理センター主催IT講習会

「細胞の勝利」と呼んでいる持論がありまして、若い人の行動は基本的に正しいと考えることでおっさんとしての在り方を考えるための論なのですが、先日バスに乗っておりましたら、ザ・田舎な雰囲気漂う若いカップルが前の席に座りまして。

彼氏の方がですね、俺イケテルだろ感といいますか、イキってる感じ(死語ですかね?)で彼女に接していたので「いやいやいや全然カッコよくないしそれ...」と思いつつも、この若い二人の行動を正とすることで見えてくるものがきっとあるはずだと静観してましたら、ついにはチュッチュとやりだしまして。

さすがにこれは黙っていられない。世の中の 良識ある大人 に問うべきだ。と、ツイッタアでつぶやきましたところ直後にきたおっさんフォロワーからのリプライがこちらです。






















僕もバスでキスしたい。そんなのしたことない。


ただですね、この どうしようもない平和な リプライ に触れたことで、目の前の若いカップルをなんだか微笑ましく感じられるようになりまして。おっさんにも若い二人にも世界中の人にも感謝している次第です。LOVE 平和。



























さて本題。笑

6月30日に三重大学総合情報処理センターさんが、学内の学生さんや先生を対象として主催されておられるIT講習会に講師として呼んでいただきまして、IT・就職・起業という3つのテーマでお話しをさせていただきました。





どのキーワードもそれ単体で1時間はお話しできそうなものだったので、盛り込み過ぎに気をつけて内容を構成しました。

難易度の設定は参加者の層が事前にはわからなかったので(実際には工学系は少なかった模様)蓋開けてみないとという感じでしたが、アンケートを拝見したところ、難易度では、お二人の方が「難しかった」残りの方は「適切だった」と答えていただいてました。あと話の分かりやすさも同様にお二人の方が「普通」残りの方は「わかりやすかった」というお答えをいただいてまして、ままいい感じだったかなと。


いくつかアンケートをご紹介します。




今回は講義ではないまったく任意参加の講習会でしたので、単位の関係ないアンケートは評価もシビアだろうと見るのが怖かったですが、読み終えて正直ホッとしました笑

あと、へー。と思ったのは「仕事はエンジニア と わたしはエンジニア」という、働き方というか、スタンスの違いについてお話した部分に対してコメントされているが何人かおられた点で、これは、

「仕事としてプログラムを作ったりはしているものの、会社を一歩でれば趣味とか自分の好きなことに時間をつかいたい。コンピューターのことはあんまり考えない。」

というタイプと、

「職場から一歩出ても、何かしらコードを書いたりコンピューターに触れていたい。」

というタイプがあって、前者はルーティンワーク的な開発に向いているし、後者はR&D的な開発向きなので、自分のタイプによって選ぶ会社も変わってきますね。というお話しでした。導入部分のさらっとしたお話しでしたが、記憶に残ったようでして予想外でした。



受講されていた方がお送ってくださった写真。ありがとうございます!














後半部分は起業ということで、アントレプレナー論ではマインド的なお話しばかりなのですが、ここではすこし具体的なスモールビジネスとスタートアップの違いについてのお話しや、お金にするということの大切さ、あといつものアントレプレナー論から一部抜粋してみなさんと一緒に考えてみました。


これもアンケートで好意的な感想を書いていただいてましたので、起業したいというかたはおられませんでしたけど、伝わった部分はあったかなと思います。


前回の三重大学の講義でもありましたが、こういう何気ない一言が講義後のご褒美です!ありがとうございます!










最後に。

この度の貴重な機会をいただいた三重大学の白井先生に御礼申し上げたいと思います。また機会をいただけるようでしたら、お話しさせていただきたいと思っております!また、白井先生とのご縁のきっかけをいただいた石黒先生にも感謝申し上げたいと思います。

それに講義を聞きにきてくださったみなさん!ありがとうございました!みなさんの人生のどこかの瞬間と重なるお話しであったなら幸いです。


2016年6月13日月曜日

三重大学アントレプレナー論 / 起業家マインドの醸成「未熟さの価値 2016年版」

小学生の頃から身体が硬い体質でして、いまでも前屈が−20cmという酷さです。身体と頭は、歳をとるごとにより硬くなっていくそうで、まあ身体はともかくとしても頭の柔軟性の方はなんとか保っていたいなと常々思っています。

”若い人が理解できない” なんていうのも頭の硬化現象のひとつかなと思うわけですが、だからといってこの年齢になって「時代はスナチャっしょ、スナチャ。やってます?」(おっさん向け補足:Shapchatの意)とか、「ミクチャやってんすよ、ミクチャ。やってます?」(おっさん向け補足:Mixchannelの意)などと、やみくもに若者文化に飛びついておりますと、いい歳して...。みたいな目でみられたり、そもそもMixchannelをなに目的で使ってんすか、なに目的で...。みたいな目でみられるわけでして、周囲が許してくれない空気、おっさんらしさを求められる空気が一方であったりするので、これがなかなか悩ましくもあります。

最近では、そういうことを考えるのも追っかけるのも面倒になってきておりますので、もういっそのことMixiあたりが一周回ってお洒落扱いにならないかと願うばかりです。






先週末に三重大学のアントレプレナー論にて1コマ講義をお任せいただきました。これまで6年間関わらせていただいている講義ですが、今年は60名以上の学生さんが受講されていまして過去最高の人数でした。

先月の金城学院大学の市場調査論も同じく60名ほどの学生さんでしたが、僕のスキル的にはこれくらいの人数までが顔を見ながら講義ができる限界かなと思っています。過去には金城学院大学で90名弱というのがありましたが(下の写真が当時の様子)、学生さんとの距離を感じて話しづらかった記憶があります。




















この講義では、いくつかの問いを学生さんとともに考えるというスタイルをとっていまして、起業というのは失敗したときの共通点というのは見つけやすいですが、うまくいった理由はひとそれぞれで答えがあってないようなところがあるので、それぞれに答えがある(それぞれで定義する)としたほうが、アントレプレナー論として向いていると考えているからです。













受講された学生さんから「これまでの学校教育では一問一答であることが多くてこうした答えの決まっていない問題を与えてもらって嬉しかった」というレポートがありましたが、話す側としても毎年みなさんのいろんな意見を聞けることは楽しみでもありますし、とても嬉しいと感じています。





















講義で使っている ”問い” は、秘伝のタレのごとく毎年継ぎ足し継ぎ足しつかっていまして、昨年は次の5つについて考えました。(昨年の講義についての記事はこちら

1.成功とはなんですか?
2.”わたし” とはなんですか?
3.努力は報われますか?
4.辛さ、とはなんですか?
5.価値とはなんですか?

そして、今年はそれらに

6.夢は必要ですか?

を加えた6つの問いについて考えてみることにしたのですが、これは昨年の講義後に「講義を聞いていて阪さんの夢が何なのかわからない」という質問があって、回答に困窮したためです笑 こうして昨年のエッセンスを加えて講義内容をブラッシュアップしていくことが継続して関わらせていただいている意味のひとつかなと思っています。

ただ僕個人としては、これが夢です!といえる明確なものがなく笑、でも「夢を持て、夢に向かって進め」みたく輝いたセリフを巷でよくみかけますので、これを講義で話すには多様な意見に耳を傾けなければならない、と思いまして、みなさんにFacebookでお聞きした次第です。

投稿前の予想では「そりゃ夢は必要っしょ!」「夢があったほうが楽しいに決まってる!」みたいなご意見で溢れるかと思いきや、もちろんそういうご意見もありましたが、
















同じかそれ以上に「必要かと言われたら、生きる上ではどっちでも良い」「無理に持つ必要はない、自然と湧き上がってくる」「漠然と夢とするのではなく、具体的にいつまでに何をすべきかを考える」「絶望の中で夢なんか持てない、希望を持てば夢が湧いてくる」といったご意見があって興味深かったです。













こうしたしっとりとした思考の大人のみなさんのご意見を踏まえまして、僕が講義で提示したのは(答えではない)、

「あってもなくてもいい 見続けたい夢なのか叶えたい夢なのかを知る」

というものでした。

夢のもち方ってひとそれぞれで、その使い方もひとそれぞれですが、それを ”叶える” としたときには、結果として ”叶わない” ということが起こりうる。

例えば、将棋のプロ棋士になりたいという夢があったとして、それに一生挑戦できるかというと「満26歳の誕生日までに四段に昇格できなければ退会処分となります。」という規定が奨励会にはあって、その夢を一生追い続けたくてもできないわけです。

つまり、夢を叶えたいものとしたときには、その夢によっては実現するのための逆算が必要になってきて、それはやがて目的や行動というものに形を変えていくと。

一方、夢を ”見続けるもの” とすることも、これはこれで素敵なことで、その夢が日々の活力を生むとも考えられる。

ただ、アントレプレナー論、つまり起業という視点では、油断すると逃げ道になってしまう可能性があって、この見続けたい夢の力というのは、かなりうまく使う必要があるかなと思います。


実際に講義を受けた学生さんのレポートは、こんな感じでした。










学生さんそれぞれに考えるところがあったようで、レポートを読んでいて楽しかったです。講義はどちらかといえば女の子の方に響いてたかなという印象でしたが、大半が1年生(18〜19歳)ということで、講師の武田先生曰くこの時期は女の子のほうが精神的に成長が早いのでなんとなく理解できる、と。

ただ男の子は、ここからグッと伸びる子がいるということで、そんな吸収力と柔軟性の高い時期にこうしてお話をさせてもらえるというのは、やっているほうとしてもその可能性にワクワクしますし、この講義が人生のどこかの瞬間で役に立ってくれることを願っています。


あと、こういう何気なく書かれたひとことが、講義後の一番のご褒美です笑












最後にー

金城学院大学に続きまして、今年も貴重な機会をいただきまして、講師の武田先生には、感謝申し上げます。「ここ数年は講義の内容・話し方に指摘箇所がほぼない」という一言をいただきまして、嬉しいというよりもお預かりした講義を果たせたという安堵感のほうが強かったです笑 ありがとうございました。



最終プレゼンなど、まだ何度か顔を出しますので、学生のみなさんよろしくお願いします。あ、そうだ。今度行ったときにMixiの使い方教えますので、かわりにスナチャとミクチャの使い方教えてください。



2016年5月23日月曜日

金城学院大学 市場調査論『インターネット社会における市場調査 2016』

自動車を手放してから随分経ってバスや電車での移動にも慣れてきました。車に使っていたお金は他のことに使えるし、事故はしないし、移動中も仕事ができるしで、いいことばかりです。特に移動中はこうしてブログを書くにはうってつけの時間で、ハンドル握って考え事していていもまあ大したアイデアも浮かばないので、実際にこうして1文字タイプを進める方が有意義だと思っています。


























昨年に引き続きまして、金城学院大学の市場調査論にて1コマお任せいただきまして、インターネットと市場調査という2つのキーワードで講義をさせていただきました。

「市場調査論」というタイトルですが、テレビも書籍も個人のブログであっても "タイトルで釣る" 時代に一見地味なようで講義にしようとするととても奥が深い世界でして、あれ?これ僕が講義してて大丈夫なんでしたっけ?となります。が、僕にお話をいただいている時点で市場調査におけるテクニカルな内容は期待されていないだろうということで、現在のインターネットを取り巻く環境だとか、自身で体験してきたことなんかをお伝えすることで、学生さんたちがこれから新しい発想を生み出すための材料にならないか、人生のどこかの瞬間に役に立てないか、ということで講義をしてきました。













今回の講義では、インターネットの世界が多様化してそれぞれのコミュニティが小さく・クローズドに向かっている状況で、情報を発信することで情報を集めるという考え方もできるよという内容をメインに(ちょっと無理やり感もあるのですが)Botや深層学習などの概要を合わせてお話しました。市場調査とマーケティングの間の内容(と思いたい)だったかと思います。














講義の後には全てのレポートに目を通すのですが、講義の冒頭で「この5月で40歳になりまして、みなさんよりもお親御さんに近いかもしれないですね。聞くの怖いけど」というお話をしましたところ、お父さんが43歳というレポートをいただきまして、理由はわかりませんが講師の武田先生とともにうな垂れていたところです。










今年も本当に貴重な機会をいただきまして講師の武田先生、ありがとうございました!感謝しております。また学生のみなさんお疲れ様でした。これからも素敵な学生生活を送られますことをお祈りしております!

次は、6月に三重大がありますので、また宜しくお願いいたします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...